価値[再]創造

創価学会における素晴しき体験と
めぐり合った会員や幹部との思い出を基に
価値観を再構築していきます

偽りの度合

人はみんな偽ってる部分があって当然なんですが,その程度が酷い場合は,信用してはいけません.大規模な詐欺(八葉物流事件など)や90年代に問題を起こした宗教(オウムなど)などでは,多くの人が辛い日々を送ることになってしまいました.自分と関わるもの(組織等)が信じるに足るものかどうか,「偽りの度合」を検証してみる冷静さが大切ですね.

機関紙や書籍,組織内で流れる情報だけでも,「偽りの度合」を推定することができます.前に考察したように,聖教での悪態が池田先生の本性からきているであろうこともその一つです.他に,こんなのはどうでしょう?

(1)
池田先生は海外からたくさんの賞をもらっている.すごい!あれ?でも,途上国がやけに目立つなぁ.共通するのは,いったい何だろう?少なくとも外貨の日本円は強力だろうな.ん?共通点ってそれだけでは?実際,お金の寄付によるお礼っぽい賞もあるし.それって,思想的なものとは関係ないよね?

(2)
イラク戦争が始まって嫌だな(2003/3).この時こそ池田先生に頑張ってもらおう!あれ?本部幹部会の衛星放送はないのか(2003/4).池田先生が病気なの?早期回復を祈ろう...やっとイラク戦争が終わったよ(2003/5).先生はまだ病気かな?え!次の本部幹部会(2003/6)には参加されるの?やった!あれ?やけにタイミング良く治ったな.あれ?しかも本部幹部会で戦争に関する言及はないじゃん.

(3)
聖教四面座談会では,山崎正友さんって有名だな.何したんだろ.なに?元学会顧問弁護士で学会を恐喝して3億円も取ったって?なんて悪いやつだ.あれ?でもさ,学会が完全に純粋な組織で,経理の胡麻化しもなく,非合法的なこともしていないのなら,恐喝されることないじゃん.山崎さんが持ってたネタって3億円の価値があるってこと?すんげーヤバいネタじゃないの?

探せば他にいろいろ出てくると思います.これら多くの懐疑的な出来事に対してまで信仰上の意義を見出そうとするのは間違いです.それは信仰心の強さとは無関係です.過去に社会問題を起こしたカルト宗教の信者達が,教祖に対して何も疑わなかったことと何が違うか比較するという思考作業は,自分の信仰心を高めるためにもいいと思います.みなさんやってみましょう.

古き良き時代

この話をすると,わたしの年代がばれてしまうかもしれないのですが...笑い

昔の学会員は,みんなポジティブなものに向かっている感じが溢れていていました.座談会も数字の報告がメインではなく,御書の勉強などが中心で楽しかったものです.今みたいに聖教新聞は悪口だらけではなかったですし,「池田先生絶対」を吹き込んだりはしていませんでした.今の活動家は,活動をやめた時の(空想の)恐怖に駆られて動いています.

つまり、昔の学会は「歓喜駆動型組織」で,現在のそれは「恐怖駆動型組織」と言えます.

昔は,替え歌で学会を茶化すこともしていました.でもそれは親しみを込めてのものでした.
----------------------------------------------------------
元ネタ:バビル2世

戸田城聖に守られた
信濃町に住んでいる
正義の青年 山本伸一
地球の平和を守るため
三つのしもべに命令だ(ヤァ!)
会長秋谷 空を飛べ
副会長は海を行け
理事長変身 地を駆けろ

元ネタ: はじめ人間ギャートルズ

初座が始まる ゴンゴンゴーン
二座が始まる ゴンゴンゴーン
三座始まる ゴンゴンゴーン
四座が始まる ゴンゴンゴーン
五座が終るよー ゴーンゴーンゴーン
題目だァ!
----------------------------------------------------------
現在は,こうやって茶化すようなことはしないでしょうね.昔は学会員でも面白がって歌えたものです.こういう自由がありました.必要以上のタブーはなかったのです.

なぜなら,「個人?池田先生」よりも「個人?御本尊」の関係の方がずっと強く,池田先生は別に特別なのではなく,あくまでも自分達と同じ人間という認識だったからです.それが本来あるべき姿なんですよね.今のように池田先生が過剰に神格化されてはいけないのです.ネズミ講のように数を追求するだけの組織信仰ではいけないのです.

宗門と別れた後だったと思いますが,どなたかが人間革命を「にんかく」と省略して呼んだとき、池田先生が猛烈に怒ったという話が組織で流れてきました.「人間革命の歌」も,滅多なことでは歌ってはいけないという通達がありました.歌うときは手拍子をするなという指令もありました.池田先生は自分が崇められ,特別であることを要求する人なんですね.日顕上人が鬱陶しく思えるはずです.

池田先生一人のために,学会はトンでもない方向に向かっています...

学会員の風景 第5回

【第5回:女子部幹部の結婚観(下)】

妙子「あのね,法子さんがわたしに報告してくれたのは,あなたが部長だからっていうだけじゃないの.相手の人が学会員じゃないっていうから,心配して教えてくれたのよ」
さゆり「学会員じゃないから,どうだっていうんですか.もしかして,だから彼はダメだって言いたいんですか?」
妙子「いや,そうじゃなくて.結婚を考えているんだったら,きちんと折伏して入会してもらってから,結婚するべきだろうって思って」
さゆり「すみませんけど,わたし,折伏する気なんて全然ありませんから.今みたいなひどいこと言われるような組織に,わざわざ入ってもらう必要ありません.それに,とても立派な人ですから」
妙子「世間的に立派でも,信心しないと本当の幸せは築けないんじゃない?」
さゆり「また勝手な幸福論ですか.もううんざり.じゃあ聞きますけど,一生懸命活動している男子部のなかで,魅力的な人がいますか?」
妙子「うーん,正直言って,良い人いないけど.でも,信心は一生だから.最後に勝てばいいの.一緒に信心して,いろんな障魔の嵐を乗り越えて,絶対的な幸福境涯を築くのよ」
さゆり「まわりの学会員を見る限りでは,みんな幸せそうにしてないですよ.わたしにとって,彼が信心するかしないかは,大きな問題じゃないんです」
妙子「だって,婦人部になったら,今以上に活動が忙しくなるのよ.信心していないご主人だと,理解を得るのが難しくて,なかなか自由に動けなくなる.しなくていい苦労をしなきゃいけなくなるのよ」
さゆり「あのー,わたし,婦人部に行って,一生懸命活動する気なんかないですから.結婚しても仕事続けようと思ってますし」
妙子「その彼の収入だけでやっていけないの? もしそうだったら,なおさら結婚は慎重になったほうがいいわ」
さゆり「なんてことを.彼は,なんとかひとりで養っていけるだけの給料をもらっています! でも,それに関係なく,わたしはまだまだ若いから働きたいし,そのことに彼も賛成してくれているんです.ふたりで納得しているんだから,慎重に,とか外野から言われる筋合いありません」
妙子「だって,婦人部は24時間戦えることが,理想であり誇りなのよ.経済的に必要ないんだったら,朝昼晩,信心で頑張ったほうがいいって」
さゆり「だから,頑張る気ないんですってば.何なんですか,その論理.『世界一の婦人団体』って豪語してますけど,女性が働くことも認めないような,そんな封建的なおかしな団体なんですか.呆れちゃう」
妙子「そうじゃないけど,それだけ学会活動に価値がある,って言いたいの.それにね,女子部の理想は,『先生の奥様』みたいな,常に陰で夫を支えきれるような女性に成長することよ」
さゆり「そんなのを理想にされて,たまるもんですか.よく,そんな世間の常識とかけ離れたようなことを真顔で言えますね.そんなこと言ってたら,笑われるし,相手にされないですよ」
妙子「世間がなんと言おうと,『先生と奥様』みたいな関係が,信心している人間の理想の結婚生活だと思うわ」
さゆり「いろんなパターンがあっていいじゃないですか.なんですか,その狭い考え方.これだけ女性の社会進出が叫ばれているというのに,学会の理想はそれと逆行しているじゃないですか.学会がいつも言ってる『女性の世紀』って,女性の結婚を喜ばない,結婚した女性が働くことをよしとしない,そういう妙子さんみたいな人がリーダーとして活躍する時代のことなんですね.そんなんだったら,こちらからおさらばです」
妙子「もう,そんなに揚げ足とらないで.またいつか,ゆっくり話ししよう.でも,最後にこれだけは言わせて.フラフラして結婚なんかしたら,絶対にダメよ.恋愛や結婚のことなんか考えずに,まっしぐらに自分を作り上げることが先決。付き合うのも結婚するのも,その後よ.とにかく,先生のご期待を裏切らないでね.学会に尽くすことが幸福への王道だから.活動に真剣に取り組んで,それでも彼がついてきてくれるようだったら,信心することを前提に結婚を考えてもいいけど,ついてこないようなら,それはそこまでの関係.縁がなかったということよ.そしたら,きっと他に素晴らしい人に巡り合えるわよ.女子部の信心の功徳は,そういう人に巡り合うこと.だから,急ぐ必要ないのよ.ねっ,考えてみて.そして,また話そう」
さゆり「もういいです.わたしはわたしの道を行きます.ほっといて下さい」

さゆりは,憤然として会館を後にしました.

実は,妙子には,創価大学時代からの恋人がいます.みんなに黙って,密会を続けていました.青年部幹部によくあるパターンです.でも最近は,お互い時間が取れず,なかなか会えません.この日,夜遅く家に帰った妙子は,「とっても会いたい」と彼にメールを.活動の時間が終わると,無意識のうちに,彼女もひとりの女性に戻るのでした.
プロフィール

アロエ

記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ