価値[再]創造

創価学会における素晴しき体験と
めぐり合った会員や幹部との思い出を基に
価値観を再構築していきます

三障四魔

わたしは、学会教義の中で「三障四魔」が一番嫌いです。
以下は、創価学会における「三障四魔」の定義です。

----------
仏道修行の途上に起こる障害のなかに、代表的なものとして「三障四魔(さんしょうしま)」があります。すなわち、三種の障(さわ)りと四つの魔です。

「障」は、障り、つまり邪魔をするという意味で、仏道修行を阻もうとする働きです。「魔」とは、仏道修行をしようとする生命をむしばみ、心を乱し、生命そのものの輝きを奪う働きです。

「三障」には、「煩悩(ぼんのう)障」「業(ごう)障」「報(ほう)障」の三つがあります。

「煩悩障」とは、貪(むさぼ)りや瞋(いか)り、癡(おろか)といった、自分自身の迷いの生命(=煩悩)が、仏道修行を妨げることです。目先の欲望に振り回されて修行に励めないとか、感情にとらわれて信心をやめてしまうなどが、その例といえます。

「業障」とは、悪い行いが仏道修行を妨げることです。大聖人は、「業障というのは、妻子などによって障りがあらわれることである」(御書1088ページ、趣意)と仰せです。これは、例えば妻子が信心に反対することなどをいいます。

最後の「報障」は、過去世の罪業による悪い果報が信心修行を妨げることをいいます。御書には「報障というのは、国主や父母などによって障りがあらわれることである」(同ページ、趣意)と仰せです。
----------


この「三障四魔」という教義には、以下の点で大きな問題があります。

-「なぜ反対されているか?」という問題意識が全く欠如していること
- むしろ相手を「障り」、つまり「障害物」として捉えようとすること

学会が未だにこの教義を掲げているのは、学会員を精神的に拘束するために必要だからです。盲信にはもってこいの教義ですよね。少なくともこれを教義としている間、学会は(オ)カルトと言われても仕方ないでしょう。

学会員がこの教義にハマると、以下のような行動をします。

- 家族(両親・配偶者・子供)の存在を軽視する
- 恋人の存在を軽視する
- 社会を軽視する

こうした思考・行動が進むと、「あたなにとって最も大切なものは?」との質問に対し、「広宣流布」とか「池田先生」とか臆面もなく答えるような人になってしまいます。重症ですね。

重症患者は、家族や恋人を失うまで、あるいは罪を犯してしまうまで、突き進むことが多いです。失って初めて学会教義のカルト性をなんとなく認識し始めますが、社会復帰にはかなりのリハビリ期間が必要になり、重い「禁断症状」との戦いになるようです。

身内や恋人をそのような状態にされた人々は、学会に対する憎しみを増大させます。当の本人も社会復帰した後に、こんな「クスリ」を自分に与えた学会を恨みます。学会、および学会員は、日本全国でこうした強烈な憎しみが充満し渦巻いていることを認識し、覚悟しておくべきでしょう。

90年代までの学会は、「学会は庶民の味方、敵は自民党、国家権力、マスコミ」と言って学会員を煽ってました。そして、草の根レベルの運動で大きくなりました。現在、草の根レベルで学会に対する憎悪が半端ない速度で膨らんでいます。今や庶民が「三障四魔」状態です。学会は「味方は自民党、国家権力、マスコミ、敵は庶民」と宣伝したらどうでしょう。

まあ、権力に擦り寄らないと、悪事が一気に暴露されますから、「延命策」としては最適戦略なんですけどね。ただし、短期的な延命策にしかなりませんから、庶民を踏み台にしたツケの大きさを考えられないほど信濃町も切羽詰まっているんでしょう。

学会用語の基礎知識(2)

【正義】せいぎ
正しい筋道。「正しい」という判断は、池田名誉会長や学会本部のみが行うことを許されており、彼等以外が行うことは傲慢・不知恩の輩とされる。傾向として、複数の選択肢がある場合、論理的整合性よりも創価学会にとって「最も都合が良い」ものが正義となる。また、時代や情勢によって判断基準は変化し、過去の判断が覆ることが頻繁にある。ただし、「判断する主体(名誉会長や本部)が常に正義である」という命題は、どのような場合であっても真とされる。

【傲慢】ごうまん
創価学会の主張を受け入れない行為、またはその行為を行う人。多くの場合、学会組織に同調しない人物や学会批判をする人物を指して呼ぶ際に使用される。非同調や批判を行う際の方法や態度を指す訳ではなく、それらの行動そのものを意味することに注意が必要である。したがって「謙虚な批判」とは矛盾表現である。

思い出の人々(2)

わたしが学会組織と適度な距離をとっていたころでしょうか。伝統のある、とある(非日蓮系)仏教宗派の僧侶と交流がありました。ここではOさんとします。

現代社会の僧侶は家族を持っています。創価学会がそのことを批判していますが、彼等の棚上げ論は、ここでの主題ではないので置いておきます。Oさんの父親も僧侶で、Oさんはその跡継ぎとして大変期待された方でした。

Oさんは、冷静で思慮深く、懐の深い尊敬すべき人物でした。仏教や哲学に対して造詣の深いものをお持ちでした。学問的なことだけでなく、家族や社会との関係の中で、いろいろ悩み、苦労されてきた様子が伺えました。その点、在家と出家の差などなく、苦しみながら人生を歩むところは同じだと思いました。

Oさんは、わたしにいろいろなことを教えてくださいました。最初の頃のわたしは、一応学会員としての立場だったのですが、今考えれば浅い主張を繰り返していたなあと思います。わたしは、心の奥底を見透かされているような印象を受け、彼に対して畏怖の念のようなものを抱いていました。要するにこの人には敵わないな、と。ですので、Oさんのような方がいるならば、この宗派は将来期待できるなとも思えました。

Oさんとの交流もなくなって時間がかなり経過したある日、Oさんが病で亡くなったという連絡を受けました。わたしは、強い悲哀感を持つとともに、「わたし(アロエ)はあれから成長しましたよ」とOさんに伝えられなかったことを後悔しました。まだ若く有能なOさんの死は、間違いなく大きな損失で、大変残念です。

いろいろお世話になったOさんとその家族の方々に、心から感謝の言葉を述べたいと思います。実は、わたしがこのブログを始めた理由のひとつは、Oさんに対する報いでもあります。


Oさんから頂いた「無根拠からの出発」(野家啓一著)を本棚に見る度に、Oさんを思い出します。
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ