価値[再]創造

創価学会における素晴しき体験と
めぐり合った会員や幹部との思い出を基に
価値観を再構築していきます

学会の歴史(昭和64年=平成元年)(2)

「なんでもいいから、言い返すんだ。こわがったり、ひるんだりしてはいけない。怒鳴っていけばいいんだ。(中略)反逆者は『この野郎、馬鹿野郎』でいいんだ!」(池田大作)

永遠の指導者の素晴しい御言葉です。

「信濃町六老僧」の一人と本部内で揶揄される八尋さん、ルノアール絵画で頑張った年ですね。

『創価学会はこの事件が発覚したとき、「絵を見てくれといわれた」「取引とは無関係」と、第三者的な発言をしていたが、読売新聞(同年4月5日)に、「創価学会副会長が同席」と、スッパ抜かれて初めて態度を軟化し、・・・』

後の聖教地下金庫事件でもそうですが、学会ってバレなきゃ何でもありですよねえ。

(ここから)---------------------------------------------

1989(昭和64年=平成元年)(2)

03/07
中国、ラサに戒厳令。



『虐殺・拷問の責任者
胡錦濤氏の豪腕は、それから遺憾なく発揮されることになる。
 89年の3月8日と9日。チベットの旧正月であるこの日は、チベット人があちこちに集まる日であり、例年、不穏な動きがある。チベット暴動30周年にあたるこの年は、パンチェン・ラマ10世が死去したことも重なって大きな暴動が発生するのである。
『チベット問題を考える会』代表で僧侶でもある小林秀英氏がいう。
「89年3月8日、胡錦濤は、拡大する暴動に、新中国発足以来、初めての戒厳令を発令するのです。最初の2日間で200人のチベット人が殺され、その後の取り締まりで1ヵ月間におよそ1000人が死亡したと亡命チベット政府は発表しています。当時、日本人の観光客も現地にいたのですが、若い兵士が広場に入って来て、いきなり民衆に発砲したり、ホテルや建物にまで向かって乱射する様子が目撃されています」
 そして捕まったチベット人に対する拷問は筆舌に尽くし難いものだった。
「通常は牛や馬などを飼い慣らす時に使う強い電流が流れる〃電気棒〃彼らは人間に使ったのです。凄まじい電流が流れますから、これでチベット人の分離思想や独立思想を破棄させようというわけです。さらに身体を天井から吊り下げて、その下で火を焚かれて拷問を受けた人や、極寒の中、裸で外に立たせ、その上で水を浴びせかける拷問を受けた人もいる。また、手足の骨を折られて身体が部分的に麻痺してしまった囚人や、〃チベットに自由を〃と叫んだために射殺された囚人など、悲惨な例は数えされません。豚肉を食べない僧侶や尼僧に、わざと古くなった野菜と豚肉を食べさせたり、親中田のスローガンを叫ばせたり、ダライ・ラマを批判させたり、中国の愛国歌を歌わせたり、そんなことも獄中でおこなったそうです。胡錦濤といえば、この過酷な弾圧の張本人という思いしか我々にはありませんね」
が、逆にこの鎮圧成功によって北京では胡錦濤の評価は一気に高まるのである。そしてわずか3ヵ月後、天安門事件(六・四事件)の際には、これが戒厳令発令のモデルケースとされるのだ。
「北京に戒厳令が敷かれることに真っ先に同意の電報を打ったのが、ほかならぬ胡錦濤。まさに彼の出世はここから始まったのです」(小林氏)
中国問題に詳しいジャーナリストの相馬勝氏もいう。
「ソフトな風貌からは想像できない胡錦濤のこの強硬な姿勢は、トウ小平ら当時のトップに絶大な信頼を勝ち得ることになり、チベットから戻った92年、一気に3段飛びで共産党中央政治局常務委員に選出されるのです。基本的に彼はマルキストですから、出世と保身のためには市民を犠牲にすることを何とも思っていませんね。実は、胡錦濤は失脚した胡耀邦の派閥に属しており、チベット赴任は、一種の左遷だったのですが、逆にここでの弾圧で出世コースに乗ったことになります」』
(週刊新潮2002年12月5日号)

03/12
【学会】名誉会長、埼玉指導で
「『仏法は勝負』にどれほど深い意義があるか、皆わかっていない。物事は正邪ではない。勝つか負けるかなんだ。全員が『勝つ』と強く決めていけ!勝つか負けるか。やられたらやりかえせ。世間などなんだ!私は恐れなど微塵もない。勇者は私だ。私だけ戦っている。強気でいけ!強気で勝つんだ!強気、強気、強気でいこう。どこまでもしぶとくいくんだ。
(中略)
なんでもいいから、言い返すんだ。こわがったり、ひるんだりしてはいけない。怒鳴っていけばいいんだ。
(中略)
反逆者は『この野郎、馬鹿野郎』でいいんだ!」
等と述べる。

03/28
三菱商事、帝国ホテル桂の間で、ルノワールの「浴後の女」と「読書する女」を36億円(1枚1億円の無横線小切手、36枚)で買いとる取引きをする。
 これには売り手側=画商、「アート・フランス」石原社長、「立花」立花取締役、マネジメント会社役員、企業コンサルタントら数名、買い手側=三菱商事社員、東京富士美術館・高倉達夫副館長、創価学会・八尋頼雄副会長が同席。三菱商事はフランス人の署名のある領収書2枚と鑑定書、2点の絵画を受け取る。



『2点の絵画が東京富士美術館に渡ったのは1年半後の昨年(90年)9月18日。「浴後」を34億円、「読書」を7億円の計41億円で三菱商事から購入した。
 疑惑の焦点は三菱商事の振り出した預金小切手36枚(額面1枚1億円)の行方。21枚は絵画代金として流れ、港区南麻布の画商に18枚、石原社長に仲介料名目で3枚が渡った。しかしこの二人も取引後、古物営業法に義務付けられた古物台帳に2点の販売を記載していなかった。
 残る15枚が使途不明とされ、うち14枚は、架空名義で換金されており、疑惑が増幅された』
(91年7/25付毎日新聞)



『いがけないミステリアスな事件に拡大。実はいまだに解明されていない部分があるのだ。
 事の経過をざっと記してみよう。89年3月28日午後、帝国ホテル4階「桂の間」に、ルノワールの絵画「浴後の女」「読書する女」の二枚が持ち込まれた。同室には、8人分のコーヒーを運んだホテルボーイを除けば次のメンバーが顔を揃えていた。
一、絵画の買い手。現場で36億円を支払った「三菱商事」デベロッパー事業部のO部長代理。
二、最終的な買い手で、絵画の鑑定役を兼ねた創価学会系の「東京富士美術館」T副館長。
三、同じく、東京富士美術館の〃スポンサー〃的役割を果たした創価学会のY副会長。
四、絵画売り手の画商「アートフランス」のI社長。
五、「浴後の女」(50号)の持ち主で市中金融業の部長。
六、絵画の仲介役、帝国ホテル地下で陶器店を開業する女性役員、T女史。
七、同じく仲介役、企業コンサルタント会社相談役のM氏。
八、同、情報マネジメント会社の取締役、K氏。
この8人の目が光る密室の部屋で、売り手の画商「アートフランス」が、三菱商事に21億2500万円で売却したと延言すれば、買い手の三菱商事は、国税当局に26億円で購入と説明。その差額、正確には14億7500万円の〃行方〃が問題になったのである。
(中略)
いくつか疑問点をあげてみよう。
 第一に、三菱商事が支払った36億円は、額面1枚1億円の無横線小切手(預金小切手)であった。巨額の現金を持ち歩く危険さと不便さが解消される無横線小切手は、銀行が自行あてに発行するもので、現金同様の信用度を持つ。その一方で、盗難にあったり、拾った人にも無条件で支払われるという危険性も伴う。つまり、当日、三菱商事の部長代理は36億円の現金を持って、帝国ホテル界隈を歩いていたことになる。どうしてこんな危険を冒したのか。
 第二に、絵画を購入した三菱商事の窓口であるデベロッパー事業部は、絵画とは無関係で、本来の事業は、土地開発とか建設を担当している部署である。まるで、畑違いの商取引なのだ。
 第三に、画商と三菱商事の取引に、なぜ創価学会の副会長が同席していたのか。当初、創価学会はこの事件が発覚したとき、「絵を見てくれといわれた」
「取引とは無関係」と、第三者的な発言をしていたが、読売新聞(同年4月5日)に、
「創価学会副会長が同席」
と、スッパ抜かれて初めて態度を軟化し、翌日の聖教新聞にこう報じた。
「昭和63年12月中旬か下旬ごろ、企業コンサルタント会社社長から、弁護士で学会副会長である八尋頼雄氏に対し、ルノアールの絵を学会か美術館に紹介したいとの話があった。価格は『浴後の女』『読書する女』の二点で合計36億円で、権威ある鑑定もあるので心配ない。……八尋氏は美術品の話であるので、これを東京富士美術館の高倉達夫副館長に紹介した。同美術館は検討の結果、ルノアールの大型作品は数少ないものであり、館蔵品として是非ほしいが、すぐには資金のメドがつかない」そこで、八尋氏が、知り合いの三菱商事社員に話し、同社が検討のうえ、これを購入することになった、と言う。
 その後、学会から東京富士美術館が所要資金の寄付を受け、
「平成2年9月18日、『浴後の女』を34億円、『読書する女』を7億円で三菱商事から購入し、最終的にその所有権を取得した」
と言うのだ。要するに学会(東京富士美術館)は、三菱商事が26億円で購入した絵画二点を、5億円上乗せして41億円で購入したのである。
 この絵画取引疑惑では国税庁、警視庁も捜査に動き、仲介業者など2社5人が起訴されたが、消えた15億円のうち、3億円の行方がわからないまま捜査が終了している。この絵画取引疑惑が発覚してから3か月後の(91年)7月、創価学会が「損失補填」4億5700万円を受理していたことが判明した。学会は証券会社からの「損害賠償である」と弁明したが、これで学会が、70億円もの株取引をしていたことが明るみに出ることになった。』
(『創価学会財務部の内幕』P122?123)

(ここまで)---------------------------------------------

学会の歴史(昭和64年=平成元年)(1)

平成の時代が始まります。

「盗聴事件は法難」というこの神経を何も思いませんか?学会員さん。
中国とチベットの関係をどれだけ知っていますか?学会員さん。
ダライ・ラマがノーベル平和賞として認められ、池田さんが認められないのは、日本の島国根性のせいですか?ダライ・ラマは「邪教」だら無視ですか?いつまで人のせいにしたいのですか?

「仏教の教義が科学と矛盾するなら、検証可能な事実の名の下に仏教の教えを覆すことも辞さない」(ダライ・ラマ 2005年)

この知性と柔軟性、池田さんには微塵もないでしょう。

(ここから)---------------------------------------------

1989(昭和64年=平成元年)(1)

01/??
【学会】名誉会長、「法難にまた法難の幾年か大聖忍びて新春迎えむ」の和歌を発表。

01/01
共産党の宮本顕治議長、『赤旗』の新春インタビューで「最近、陰湿な反共謀略事件への民主的決着がありました。わが党の糾明は、現代の法廷でも、創価学会による私の家の盗聴という驚くべき蛮行を糾弾し、彼らも18年ぶりに敗北をみとめ、上告をとりさげざるをえなくなりました」と語る。

桜井良之助・公明党都議、東京・世田谷の東京池田記念講堂で行われた新年勤行会に出席、「今の逆境を乗り切るには選挙に勝つ以外にない。旧倍のご支援をお願いします」と挨拶する。(世田谷は池田克也衆議院議員の地元)

01/08
午前0時新元号「平成」が発効。

01/26
【学会】名誉会長、第14回『SGIの日』記念提言。新たなグローバリズム形成へ『内在的普遍』『漸進主義』の指標を提示。国連に『紛争防止センター』を。『戦争と平和展』の国際的開催。

01/28
パンチェン・ラマ7世がシガツェ訪問中に死去。



『ラマ教を信じるチベット人たちが、中国軍の進駐を受けたのは、中華人民共和国建国2年後の51年のこと。以米、59年の「チベット暴動」に代表されるようなダライ・ラマ14世の亡命、反乱や鎮圧、抵抗運動など、磅余曲折を経ながら、中国共産党による強硬な弾圧政治は今も続いている。
 中でも、チベット暴動30周年にあたる89年、その騒乱は頂点に達した。この時、区都ラサには戒厳令か敷かれ、人々は徹底的に弾圧されるのだ。
 その責任者が、当時、チベット自治区共産党書記だった胡錦濤その人なのである。
 チベット史研究家の石濱裕美子・早稲田大学専任講師によると、
「胡錦濤がチベット自治区のトップに就任することが宣言された際にもデモが起き、この時も人民武装警察が発砲してチベット国旗を掲げたチベット人が射殺されています。彼は、89年1月にラサに到着し、すぐさま第二の都シガツェに移って、文革時代に破壊された歴代のパンチェン・ラマの仏塔再建の際の落慶式に出席しますが、ここで、北京からチベットに反っていたパンチェン・ラマ10世の隣に座るのです。しかし、6日後、パンチェン・ラマ10世は、突然、〃心臓病〃で急死。落慶式の時、居並ぶ中国高官の前で、〃中国によるチベット支配によって、チベットは得たものもあるが、それよりも失ったものの方が多かった〃と発言したことで暗殺されてしまった、という噂がチベットに広まることになるんです」』
(週刊新潮2002年12月5日号)

01/29
顕正会男子部、「法論」の名目で大阪に妙観講員を呼び出し、「集団暴行」
を加える。(妙観講)

03/??
週刊実話、『危険な関係創価学会VS宗門』を掲載。



『これを始め一連の執筆は段勲が中心になってすすめられた。』
(91年6月学会『今回の問題の経過と底流』)

03/??
ダライ・ラマ14世(テンジン・ギャッツォ)、チベット解放運動のための非暴力による取組みが評価され、ノーベル平和賞受賞。
『ノーベル平和賞受賞スピーチ

陛下、ノーベル賞委員会、そして兄弟、姉妹のみなさま。本日、こうしてノーベル平和賞授賞式の席についていることは、何事にも替えがたい喜びです。チベットの平凡な僧侶である私が、この名誉ある賞の受賞者に選ばれたことに深く感動し光栄を感ずると同時に、身のひきしまる思いがしています。私は特別な人間ではありません。ですからこの賞は、仏陀とインドおよびチベットの聖者の教えにしたがって、私が実践してきた利他主義、愛、慈悲の心、非暴力の真の価値が認められたことによるのであろうと考える次第です。
 私は世界の虐げられている人々、また自由と世界平和のために戦っている人々の代理として、深い感謝をもってこの賞を受けます。同時にこの受賞を、非暴力という手段で変革を実践するという現代の輝かしい伝統の創始者である、マハトマ・ガンディーに捧げます。彼の人生こそが、私の模範であり、私を励ましてくれたのです。そしてもちろん、チベット本土にすむ勇敢な六百万のチベット人同胞の代理としてです。彼らは止むことのない圧政に苦しんでいます。チベット国民としての本来のあり方とその文化の、計画的な破壊に直面しています。この受賞によって、チベットの解放は真実と勇気と決意の力で実現すべきだ、という思いをますます新たにしました。
 地球上のどこに住もうとも、私たちはすべて同じ人間です。同じ人間として幸福を求め、苦しみを逃れようとしています。人間として同じように悩み、苦しんでいるのです。私たち人間はすべて、個人としても国民としても自由と自決の権利を求めています。これこそ人間の本質です。現在、東ヨーロッパやアフリカをはじめとして全世界で生じている大きな変革のうねりは、まさにその証明です。
 中国で民主主義を求める人々の声は、今年6月、暴力によって圧殺されてしまいました。しかし、彼らの行動が無意味だったとは思いません。自由を求める中国人の精神に再び火をともしたからです。中国といえども、世界中に吹き荒れるこの自由の精神から逃れる術はありません。勇敢な学生たちと彼らを支持する人々は、中国の指導者および世界に対して、中国にもまさに人間が住んでいることをはっきりと示したのです。
 先週チベットで公開裁判が開かれ、数名のチベット人に最高19年の刑が宣告されました。おそらくこれは、本日の受賞に対する脅しでありましょう。彼らの「罪」は、愛する祖国の独立を回復したいという、チベット人なら誰でも抱いている希望を表明したいという、ただそれだけのことでした。
 過去40年にわたる占領期間に、わが民族が受けた苦しみはよく記録に残されています。それは長く苦しい闘いでした。道理は、私たちの側にあると思っています。暴力はさらなる暴力と苦しみを生み出すだけですから、私たちの闘いは非暴力を旨とし、憎しみとは無縁でなければなりません。私たちは、わが民族を苦しみから解き放とうとしているだけであって、決して他の民族に害をおよぼそうとしているのではありません。
 だからこそ私は、チベットと中国は話し合いをすべきだと何度か提案をしたのです。1987年、チベットに平和と人権を回復するため、私は5項目の提案を行いました。チベット高原をアヒンサー地域、すなわち人間と自然が調和して生きてゆける平和と非暴力の生地にしようではないかという提案もそのひとつです。
 昨年私は、ストラスブルグの欧州会議で、この提案をさらにくわしく発表する機会を得ました。チベット人の中には譲歩しすぎであるという批判もあるようですが、これは実現可能であり、理にかなった提案だと思っています。しかし残念ながら、中国指導部は今日にいたるまでこの提案に積極的に答えようとはしていません。もしこの状態が続くのであれば、私たちも対応を考え直さなければなりません。
 チベットと中国の関係は、平等、尊敬、信頼、そして相互利益の原理に立つものでなくてはなりません。それはかつて、チベットと中国の賢明な指導者が結んだ条約の精神に立ち戻るという意味でもあります。この条約は西暦823年に石柱に刻まれたもので、その石柱は今もなおラサの聖なる寺院、チョカン寺の門前に立っています。この石柱には、「チベット人はチベットにおいて、中国人は中国において、ともに平和に暮らすものとする」と刻まれています。
 仏教僧として私は、すべての人間の苦しみに対してだけでなく、すべての生きとし生けるものの苦しみに対しても関心をはらっています。あらゆる苦しみは、無明によってひき起こされます。ひとは、幸福や満足を自己中心的に追求して、他人に苦痛を与えています。けれども真の幸福は、心の平安と足ることを知る心によってもたらせるのです。そしてこの心は、利他の精神、愛、慈悲の心を育み、無明と利己主義と欲望を克服することによって勝ちとることができるものなのです。
 今日私たちが直面する暴力、自然破壊、貧困、飢えなどの諸問題は、人間が自ら作り出した問題です。ですから、努力や相互理解、また人類愛を育むことによって解決が可能です。私たちは、お互いに対しても、また一緒に暮らすこの惑星に対しても、宇宙的な責任感を養う必要があります。仏教では、敵すらも愛し、慈悲の心をもてと教えておりますが、信仰の有無にかかわらず、誰でも温かい心と宇宙的な責任感を育てることはできます。
 止まるところを知らぬ科学の進歩が、私たちの生活に大きな影響を与えている今日この世界において、私たちの人間性を呼びもどすためにも、宗教と精神性が果たす役割は次第に大きくなっています。科学と宗教は互いに矛盾するどころか、それぞれに対する優れた洞察を秘めています。科学と仏陀の教えは両方とも、すべての存在が基本的には一つの有機的な統一体であることを説いています。私たちが地球規模の環境問題について積極的に行動するためには、この原理を理解することがどうしても不可欠です。
 すべての宗教の目的は一つしかありません。人間の善なるものを育み、あらゆる人間に幸福をもたらすことです。手段は異なるように見えても、その目的は同じです。
 私たちは、二十世紀最後の十年に足を踏み入れようとしています。人間を人間たらしめてきた古代の智慧は、私たちがより幸福な二十一世紀を迎えるためには、どうしても避けて通れないものになるはずです。
 私は、私たち全員のために祈ります。私たちを抑圧するものと私たち友人のために祈ります。人間を理解し愛することによってよりよき世界を築き、またそうすることによって、私たちがすべての生きとし生けるものの苦しみと悩みを和らげることに成功するように祈っています。
 ありがとうございました。

1989年12月10日
ノルウェー、オスロ
ダライ・ラマ十四世』

(ここまで)---------------------------------------------

奇跡に頼る学会員

学会員が組織を離れられない理由のひとつとして、密な人間関係がよく挙げられます。また、聖教座談会などで学会員を脅しまくっていることも効果的です。他にどんなものがあるでしょう。

日蓮には様々な奇跡的な逸話があります。国家諌暁の書にあるいくつかの予言を当てた。龍ノ口で首が切られそうになったとき、彗星が現れた。佐渡の極寒の地でも生き続けた。蒙古襲来のとき、日蓮がいたために神風が吹いた。。。

これらの逸話から、日蓮には不思議な力があると信じた人は多いのではないでしょうか。だから、辞めれば罰が当たる、なんてバカな話を信じてしまいます。少なくともわたしはそうでした。それで、ふと思いました。学会員は「奇跡的なもの」「人知の及ばない超越的な力」への依存が強いのでは、と。奇跡的なものを期待するため、賭け事で言えば「当たり」が出るまでやめられないのでは、と。結果、破綻するまで病み付きになります。

別の言い方をすれば、学会員は奇跡的なものでしかモチベーションを維持できないのです。信濃町も、あの池田さんが「超越的存在によって選ばれた人」があるかのように吹聴しますね。そもそも教義破綻しているので、そうすることでしか組織維持ができないことが分かっているのでしょう。あるいは、組織が徐々に崩壊しているので、「神風」に頼らなければいけなくなっているのですね。

さて、日蓮の逸話ですが、現在の解釈は変わっています。蒙古襲来の可能性は、僧を含めた知識階層ならみんな考えていた。幕府の内乱は、下剋上の時代にはよくある出来事であった。龍ノ口の法難における「光もの」の奇跡が史実かどうかは怪しく、龍ノ口では最初から助命される予定だった。佐渡では日蓮を援助する人々がいた。蒙古撃退は神風というより幕府の戦術が効を奏した、等々。

フィクション「人間革命」にもたくさんありますね。作り話としての奇跡が。小説(=フィクション)だと言ってるのに、本気で受け止める学会員の多いこと。パチンコでフィーバーなんてそう簡単には出ませんよ。現実世界に戻りましょうよ、学会員さん。みんな待ってますよ。 続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ