世間の感覚からズレた聖教新聞の表現,将軍様の国を連想させる表現を,なぜ学会が続けるのか考えてきました.本部に勤務する複数の人が挙げる理由として「池田先生がやれと言っているから」というものがあります.こう言われると学会員はもう何も言えなくなります.

わたしの友人が創価学会とは無関係な,とある学術会議に参加したとき,学会員の参加者がしつこく何かを主張していたそうです.他の参加者がその学会員にそれは何故かと理由を尋ねたところ,学会員は「池田先生が言った」と答え,大いに失笑を買ったそうです.わたしはそれを聞いたとき,バリバリの人ならさもありなんと思いました.

「池田先生が・・・」という切札は,学会員の中では題目より効果があって,どんな矛盾も(一見)解消する力があります.こうした「池田先生絶対神」信仰が池田教と呼ばれる所以です.例えば,学会員が学会について質問を受けたとき,多くの場合「池田先生の本を読んでください,思想を勉強してください」と答えます.そこには自分の言葉がありません.「池田先生が」「池田先生が」と言う題目に聞こえます.学会の外では全く通用しない題目です.

ところで,老いた池田先生が組織の全てを指示しているとは思えません.絶対神ではないのですから,五感から入ってくる情報以外を知ることはできません.池田先生に整理した情報を渡しているのが第一庶務と呼ばれる部所です.池田先生は実質的な五感と言える第一庶務から渡される情報を基準に判断し行動します.もし,第一庶務がある目的をもって情報にフィルターをかけていたらどうなるでしょう.池田先生は簡単に躍らされてしまいます.そして,幹部を含めてほとんどの学会員は,「池田先生が言った」ことに忠実です.

つまり,池田先生に情報を上げている部所や人物が実質的に学会全体を操ることができるという妄想が浮かんできます.院政ですね.突拍子もないように思えるかもしれませんが,実は本当に起きているようです.過去に盗聴したり陰で圧力をかけたりしたことのある団体です.これくらいのことがあっても不思議ではありません.


# 最近,学会を「瓦解」と打ち間違えることが多いです...