かなり昔,学会員だがアンチ池田という方と話をしたことがあります.わたしは若かったので,池田先生は偉人と思い込んでおり,そのおじさんに説明しようと努力しました.もともと聞き上手だったので,おじさんのアンチ池田話を冷静に聞いていましたが,おじさんは途中から感情が入ってきて恐くなってきました.それでも我慢して聞いていると,おじさんは,若造(わたし)に対してムキに話している自分の姿に気付き,急に優しくなりました.感情というのは人間にとって大事なものですが,時に理性を打ち消して人を暴走させることがあるものと学びました.

感情を排除して理性的に物事を判断し行動することは,とっても難しいですね.難しいですが,行う努力をしないといけません.多くの学会員は,学会や池田先生のことになると,理性的判断がかなり鈍くなるように見えます.普段の生活では理性的な人が,学会や池田先生のこととなると人が変わってしまって話が通じなくなるのです.それはまるで何かのスイッチが入ったように見えます.

どなたかのブログに書いてあったような気がしますが、スポーツチームやアイドルに夢中になって,周りが見えなくなった熱烈なファンのようですね.催眠術をかけられた人が,刷り込まれたキーワードで豹変するようなものです.催眠術にかけられた人が後で述べることでよく耳にするのは,「命令されたことに従うことが心地良かった」という言葉です.「なぜ従うのか」という論理より心地良いという感情が優先されるのでしょうね.

池田先生や学会本部は,会員の感情のコントロールに長けていますね.ある種の集団催眠なのかもしれません.時には「先生を守ってあげたい!」と思わせ,時には父親的な安心感を与え,時には組織から離れると地獄に落ちると脅し,気が付くと学会を離れられなくなってしまうのです.いろんな論理的矛盾があっても,つき従うのが心地良いようになってしまうのでしょう.

その心地良さというのは,依存することの快感と言っていいでしょう.公明議員にいろいろおねだりする学会員が多いですよね.親友から教えてもらった小林秀雄の言葉に,「自分で答えを探さずに人から与えられた解答で安心するのは奴隷根性の一種だ」という意味のものがあります.学会の中では「答え」が沢山用意されています.学会員はその内容の検証を全くしません.その証拠に,学会員の話す言葉は驚くほどみな同じです.だから話をしても応用が全く効きません.学会の「答え」で安心するのを引き換えに,奴隷根性まる出しにはしたくないものです.