【第4回:女子部幹部の結婚観(上)】

S区の区女子部長・妙子は,本部長の法子から,部長のさゆりが結婚を考えているらしい,ということを聞きました.さゆりはまだ部長になったばかり.しかも,あまり熱心な活動家ではありません.部全体がCクラスといっていいぐらい,停滞した部です.だから,「さゆりちゃんが結婚予定」と聞いて,妙子は,区部長会の後,さゆりを呼び止めずにはいられませんでした.

妙子「法子さんから聞いたんだけど,さゆりちゃん,結婚する予定なんだって?」
さゆり「えっ,法子さん,しゃべっちゃったの.『まだ黙っておいて下さい』ってあんなに念押ししたのに.信じられない!」
妙子「私は区女で,組織のみんなのこと知ってなきゃいけないから.法子さんは本部長として,部長のあなたのことを,きちんと私に報告すべきだと思ったのよ.先生もおっしゃってるけど,こうやって,みんなのことを隅々まで知ってなきゃ,幹部はつとまらない.学会のネットワークって,すごいでしょう」
さゆり「なに勘違いしてるんですか.秘密警察みたいで,おちおち打ち明け話もできやしない.だって,これプライベートなことですよ」
妙子「プライベートっていうけど,さゆりちゃんは部長よ.しかも,まだ任命されて3ヶ月じゃない.さゆりちゃんだけの問題じゃないのよ」
さゆり「はあ? どうして私の結婚が妙子さんに関係あるんですか?」
妙子「私だけじゃないわ.部員さんみんなに関係あるわよ」
さゆり「部長だからって,どうして結婚のことがみんなに関係あるんですか?」
妙子「自覚が足りないなあ.だから,結婚なんていうことを軽々と口に出せるのよ.部長になったばかりじゃない.今結婚したら,あなたの組織はどうなるの? 誰を部長にするの? 後継者を育てたの?」
さゆり「そんなあ,結婚は私の人生の問題ですよ.組織の役職とからめて考えないで下さい.もともと,やりたくないのに無理に部長にさせられたんですから」
妙子「どんな気持ちだったにせよ,さゆりちゃんは,部長の役職を受けてたったのよ.責任を果たさなきゃ.じゃないと,先生にも学会にも申し訳ないじゃない.女子部で戦いきって,使命の道を貫いて,そのうえで結婚しなきゃ.途中で役職を放棄して,自分の都合で結婚するなんて,そんなのエゴよ.まわりも迷惑よ」
さゆり「結婚したいのに,組織の都合でしちゃいけないなんて,そんなムチャクチャな話,ありませんよ.人のために組織があるんじゃないんですか? これじゃ,組織のために人間がいるみたいじゃないですか.結婚するのがエゴだなんて」
妙子「さゆりちゃんのためを思って言ってるのよ.女子部で満足のいく戦いをしないと,絶対に幸せな結婚はできないから」
さゆり「よくそんなひどいことが言えますね」
妙子「私が勝手に言ってるんじゃないのよ.仏法の眼で見たら,そういう結果がきちんと現れるのよ.学会という仏意仏勅の団体をないがしろにして,部員さんを幸せにしないで,自分だけが幸せになれるわけないじゃない.絶対に最後は不幸になる.それが仏法の厳しいところなの」
さゆり「ひどい,あまりにもひどすぎる.妙子さん,わたしはあなたにとって部員ですよ.今のような言葉を聞いて,わたしが幸せな気持ちになれると思いますか.ものすごく傷つきました.わたし自身のことは何も考えてくれてない」
妙子「言い過ぎたかもしれないけど,でも,さゆりちゃんに,自分が部長だっていうことをもうちょっと重く受けとめてほしいの」
さゆり「結局,妙子さんの頭には,組織のことしかない.しかも,いつだって妙子さんは,いとも簡単に人を決めつけてしまう.その基準が,活動するかしないかだけ.そんなんで,わたしを決めつけられて,たまるもんですか.わたしの人生にまで介入しようとして.もう,どうにでも言って下さい.わたしは自分で自分の人生を決めますから.わたしには今がチャンスなんです」

(続く)