【第6回:大逆転する学会員の判断】

今回は,短いお話を4本.ほとんどギャグです.すごくデフォルメしてますが,活動家学会員の人を見る目のエッセンスを取り上げたつもりです.

【信心しているかしていないかだけで,見方が変わる】

和子「常勝地区の佐藤さん,先週,事故起こしちゃったんですって.ひとり相撲らしいですけど.知ってました?」
敬子「えっ,知らなかった.まあね,そういうことが起こっても不思議じゃないわ.会員のくせに,批判ばっかりしてるんだもの.仏罰よ.現証っていうのはほんと,こわいわね.かわいそうに,地獄への道まっしぐらじゃない」
和子「いやあ,それがね,奥さんが言うには,ここ最近,勤行をするようになって,聖教新聞も読むようになってきてたんですって」
敬子「あら,そうなの.だったら魔の所為だわね.人身事故にならずによかったわね.転重軽受よ.信心に目覚めたから,軽く済んだんだわ.お見舞いに行ってあげましょう」

【学会を理解してくれているかどうかだけで,見方が変わる】

敬子「この間,あなたのところの町内会長さんが挨拶されているのを聞いたんだけど,立派な方だったわ」
和子「なに言ってるんですか.あの人,大の学会嫌いなんですよ」
敬子「そうなの.なんだ,良い人だと思って,損しちゃった.そういえば,人相があんまり良くなかったわね」

【聖教購読や公明支持をするかしないかだけで,見方が変わる】

敬子「あら,髪切ったのね.とっても良い感じだわ.どこの美容室に行ったの?」
和子「この前の道と大通りとの角にある,○○美容室です」
敬子「えっ,なんであんなところに行ったの? あそこの美容師さん,共産党大好きでしょう」
和子「それが,近頃は共産党に厭き厭きしてて,今度の選挙は公明党を考えてもいい,と言ってくれているんです.聖教も啓蒙できたんですよ」
敬子「そうなの.どうりで,最近あの店,お客さんが増えているなあと思ったのよ.やっと分かるようになってきたのね.いやあ,本当にきれいな仕上がり.私も行こうかしら」

【付録:どんなものでも,池田先生が書いているというだけで絶賛】

敬子は,友人の里美の家へ.里美はちょっとしたいじわるを.

敬子「何読んでるの?」
里美「ちょっとスピリチュアル系の本のコピーよ」
敬子「相変わらず,その手の本読んでるのね.根本が変わらないとダメなのよ.どんなこと書いてあるの.ちょっと見せてよ」
里美「いいよ.はい」

といって,小冊子にまとめてあるコピーを手渡す.

敬子「トルストイのことか.まだまだ浅いね,この著者.ダメよ,こんな本読んだって」
里美「あの?,これ池田大作さんが書いてるんだけど」
敬子「えっ.なんだ早く言ってよ.一部分のコピーだから,わからなかったわ.実を言うとね,視点が似ているなあと思ったのよね.いやあ,ちゃんと読まなかったからわからなかったけど,よく読むとすごいこと書いてあるわね.うん,すごい」
里美「うそよ.わたしが学会の本なんか読むわけないじゃない」
敬子「えっ.だまさないでよね.先生が書いているっていうから,すごいと思ったのに」
里美「所詮,あんたの理解なんか,そんなものっていうことよ.池田さんが書いているかどうかだけ.中身はどうだっていいの」