価値[再]創造

創価学会における素晴しき体験と
めぐり合った会員や幹部との思い出を基に
価値観を再構築していきます

学会員の風景

学会員の風景 第2回

【「青年部幹部会」結集へ向けて(中)】

妙子「わたしのことはともかく,入場券渡しておくから,考えてみてよ」
京香「だって,行っても足痛いだけで終わりですよ,いつだって.なんだか暗?いところで,つまんない話聞かされて.明るくなったかと思ったら,地元の幹部の人が,ひとり興奮して『皆さん,今日は本当に良かったですね』とか言って.わけわかんないですよ」
妙子「うんうん,中継で話しする幹部の人たちは,つまんないよね,いつも同じことばかりで.それに地元の幹部の話もいらない.わたしもよくそう思う.でも,先生のスピーチさえちゃんと聞いてれば,それで十分よ」
京香「あのー,わたしが言ってるのは,その先生の話なんですけど」
妙子「えっ? 先生はそんなことないわよ.先生はいつもわざわざ,新しいお話をして下さってるんだから」
京香「わたしは,そうは思わないですけど.結局,『恩知らず』とか『師弟だ』とか『勝て』とか,そんなことばっかり」
妙子「裏切り者がいたりして仕方ない部分もあるのよ.でも,ちゃんと聞けば,いろんな励ましの言葉,奮い立たせる言葉をおっしゃって下さってるのよ」
京香「っていうか,世間でふつうに言われてることだと思うんですけど,その手のものって.他の本や雑誌や新聞なんか読まずに,聖教ばっか読んでるから,そう思うんですよ」
妙子「先生と,他のそこらへんの人たちとは次元が違うわ.仏法というきちんとした根底があるし,それに,何百万という人を実際に勇気づけ幸せにされてきた,そのうえでのお話だから」
京香「そうですか? 違わないと思いますけどね.でも,わたし,スピーチ聞いても,なんにも感動しないですけど」
妙子「申し訳ないけど,それは,京香ちゃんに『聞こう』っていう姿勢がないからじゃない?」
京香「うわぁ出た,わたしのせい? 嫌なのに無理やり連れてかれて,挙げ句の果てに,内容がわからないのはあなたが悪い,っていう言い方」
妙子「そ,そうじゃなくて.言い方が悪かったね,ごめんなさい.そうじゃなくてね,弟子のほうに受けとめようという純粋な求道心がないと,師匠の思いは伝わらないのよ.わたしもまだまだ受けきれてないと反省しているの」
京香「もう,勝手に反省して下さいよ.そんな解釈されたら,よけいうんざりですよ.ちょっとでも否定したり疑ったりしたら,全部それは,わたしがダメという考え方じゃないですか.わたしは,師弟なんか全然関係ないですから」
妙子「そんなこと言わずに,何かを学ぼうと思って,参加してみようよ.そういう姿勢があったら,きっと何かをつかめると思うわ」
京香「だから,そういう気ないですって」

(続く)

学会員の風景 第1回

学会員,特に幹部や職員の行動には,共通したものがあります.学会内で良く見られる様子をシリーズ化していきます.(フィクションです)

【「青年部幹部会」結集へ向けて(上)】

S区の女子部は部員数が少ないので,日常的に区単位で動いています.ある日,区女子部長の妙子は,来たる「全国青年部幹部会」の結集のため,末端の部員・京香を訪ねました.新年の挨拶や近況を尋ねたあと,本題に入りました.

妙子「再来週の月曜の夜は暇?」
京香「さあ,まだわかんないですけど」
妙子「実はね,今度,青年部幹部会という大事な会合があって,先生も出席されるんだけど,同時中継がその日にS池田会館であるから,参加してほしいなあと思って」
京香「まだ先のことだし,平日で仕事もあるから,なんとも言えないですね」
妙子「今から,この会合を予定に入れておいてよ.ぜひ大結集したいの」
京香「そんなこと言って,本音は,大結集『したい』じゃなくて,『しなきゃいけない』でしょ? 参加者が少ないと,上から叱られるし,他の区とも比べられるし.だから妙子さん,自分のために集めたいんでしょ?」
妙子「そ,そんなことないわよ.参加したら,絶対にみんなのためになると思って.わたしは,ただ,みんなに幸せになってほしいだけなの.そのお手伝いだったら,なんでもしたいと思っているだけよ」
京香「そんな,わたしのこと,いかにも思っているようなふりして.じゃあ,どうして,こういう大きな会合とか選挙とか,そっちに用事のある時だけしか,わたしのところに来ないんですか.電話やメールすらないじゃないですか」
妙子「それは……ごめんなさい.活動が忙しくて,つい,おろそかになってしまって.これから気をつけるね.でも,いつも京香ちゃんや他の部員さんのこと祈ってるのよ,『成長してほしい』って」
京香「うわあ,偉そうだな,『成長してほしい』って」
妙子「あっ,わたしも含めてよ.みんなで信心を深めながら,人間として成長していきたいって祈ってるの」
京香「どうせ,私なんか,こういう時の数集めのための手段でしかないくせに.会合に来てくれたら,それで満足なんでしょ,結集率が上がってよかった,って.その時だけ,ニコニコしてわたしのことほめて,『頑張ってね』っとか適当に言って,それでまたしばらく知らんぷり.違いますか?」
妙子「わたしも,自分の姿勢を見つめ直して,本当にみんなのために動こうと今年は決意しているの.その最初の戦いが青年幹.京香ちゃんに何言われてもいい.言われることは真正面から受けとめるわ.言われることで,わたしは成長できると思っているから.ただ私の思いとしては,みんなと一緒に先生のもとでスタートしたい,この一年,みんなと一緒に信心していきたい,それだけなのよ.数とかじゃないわ.だから来て.これ入場券だから」
京香「はあ? もう全然わかってない」

(続く)
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ